MENU

糖尿病を予防する意外は方法とは

 

 

糖尿病になると、食生活が一変します。症状の程度にもよりますが、特に炭水化物の摂取量は意図的にコントロールする必要があるでしょう。

 

このように糖尿病を発症してしまうと、食べたいものを食べたい時に食べるという当たり前のことができなくなるため、事前に糖尿病の予防をしつつ健康を保たなければなりません。そのような中、糖尿病を予防できるとして注目を集めるようになった意外な方法があります。

 

それは毎日適度にアルコールを摂取するという方法です。もちろん飲み過ぎは論外ですが、女性であれば1日1杯、男性であれば1日2杯程度までなら、毎日飲み続けた方が糖尿病の予防になることが分かってきました。

 

お酒を毎日飲む習慣がある人は、お酒を飲む時に食べる量が少ないといわれています。特に炭水化物の摂取量が少なく、そのことが糖尿病予防につながっているという意見があるのです。

 

またアルコールにはインスリンの分泌を促す効果があるため、適度な量であれば血糖値を下げることができます。

 

当然飲み過ぎは逆効果となりますが、普段の食生活を見直しつつ、アルコールを取り入れることで血糖値の上昇を防げるようであれば、適量を毎日飲み続けるのも予防法として有効だといえるでしょう。

 

その際リコピンを含んだトマトジュースで割ったり、糖質オフかもしくは砂糖ではなく甘味料を使用したアルコールを口にしましょう。日本酒やビールであれば辛口の方が糖質が少ないため好ましいといわれています。