MENU

糖尿病の診断基準について

 

 

糖尿病には明確な診断基準が設けられています。必ず行われるのは血糖値の測定ですが、検査を受ける際は12時間以上食事を摂ることはできません。

 

このときに血糖値が高いようであれば、ブドウ糖負荷試験血糖値を計測することになります。ブドウ糖を飲んで2時間が経過したときの血糖値を測る検査であり、ここでも数値が高かった場合は糖尿病の可能性が一段と高まるのです。

 

ちなみに、日本には日本糖尿病学会があります。学会が設けている基準は3つあり、医師はこの3つの基準を参考にしつつ、その他の要素と組み合わせて診断をするのが一般的です。糖尿病型、境界型、正常型の3つであり、主に検査結果によって分類されます。

 

糖尿病型
空腹時血糖値が126mg/dlを超えているか、ブドウ糖負荷試験血糖値が200mg/dlを超えている人が対象となります。ブドウ糖負荷試験血糖値は必ずしも行われるわけではなく、空腹時血糖値の数値が高い場合に行われます。

 

境界型
空腹時血糖値が110から126mg/dlを超えており、尚且つブドウ糖負荷試験血糖値が140から200mg/dl未満の人が対象となります。

 

正常型
空腹時血糖値が110未満、ブドウ糖負荷試験血糖値が140未満の人が対象となります。

 

実際に分類する際、検査結果だけで判断されることはありません。また血糖値の上昇に気をつけなければならないのは、境界型だといえるでしょう。糖尿病の一方手前なわけですから、直ちに血糖値を緩やかに低下させて発症を防ぐ必要があります。