MENU

糖尿病の種類とは

 

 

糖尿病は、現代病の1つとして知られています。血液の中に含まれているブドウ糖の濃度が常に高い状況となる病です。一言で糖尿病といっても、大きく分けると2つのタイプに分かれるため、おのずと治療法も異なります。それぞれのタイプについて詳しく解説していくことにしましょう。

 

1つ目は、1型糖尿病と呼ばれるタイプです。インスリンを作ることが困難となる糖尿病として知られています。主な原因は、膵臓のランゲルハンス島が機能しなくなることにあり、なぜ機能しなくなるのかについて、明確な理由は分かっていません。

 

日本国内では1型糖尿病は珍しく、急激に発症する特徴がありますが、発症時期は小児期が最も多く、治療法はインスリン注射が主流です。

 

2つ目は、2型糖尿病と呼ばれるタイプです。日本国内では9割以上が2型糖尿病だといわれています。体質、食生活の乱れ、肥満、運動不足、喫煙、飲酒、加齢などの理由により、インスリンの分泌量が少なくなったり、インスリンが体内で働かなくなることから発症するのです。

 

中高年の発症率が高く、初期段階での自覚症状はほとんどありません。治療法としては食事療法、運動療法、薬物療法となります。近年は、若年層の発症率が高まっており、年齢に関係なく糖尿病にかかりやすい状況となってきています。

 

このように1型糖尿病と2型糖尿病では、同じ糖尿病であっても原因や発症時期、治療法が全く異なるのですが、2型糖尿病に関しては予防することが可能です。そのためには、血糖値の上昇をいち早く把握し、早期に血糖値を下げる努力が欠かせないといえるでしょう。