MENU

糖尿病とインスリン治療

 

 

糖尿病になると、インスリンの分泌量が減少したり、働きが悪くなります。そのため、血糖値が常に高い数値を示すようになるのです。インスリン治療は高くなっている血糖値を下げるために体外からインスリンを補う治療法といって良いでしょう。

 

そもそもインスリンは血糖値を下げてくれる珍しいホルモンとして知られています。健康な状態であれば、膵臓にあるランゲルハンス島のβ細胞と呼ばれるところでインスリンは作られるのですが、そのお陰で全身の臓器にインスリンが届けられるようになっているのです。

 

各臓器にインスリンが届くことで、細胞の増殖やたんぱく質の合成が行われますが、糖尿病になるとこのような一連の働きが機能しなくなります。

 

日本国内で糖尿病と診断されている人は、何らかの形で健康診断を受けた際、高血糖であることが宣告されており、ある日突然、糖尿病を発症するわけではありません。

 

また、糖尿病を患ってからも、インスリンを使用して血糖値を下げるだけではなく、普段の食生活や生活習慣を見直す必要があるのです。

 

糖尿病の恐ろしい点は合併症にあり、発症してからは合併症を引き起こさないよう定期的な通院が必要となります。そのため、インスリン治療だけに頼ることなく、自らインスリンを下げる努力が求められるのです。

 

近年は若年層の糖尿病が増加していることから、年齢や性別に関係なく血糖値の管理を徹底することが重要だといえるでしょう。
早期発見であれば、インスリン治療を行わなくても血糖値を下げることは可能です。