MENU

痩せていても糖尿病になるのはなぜ?

 

 

体型が痩せ型だからといって、糖尿病になりづらいというのは誤りです。なぜなら日本人で糖尿病を患っている約半数に当たる人は痩せ型であり、体型が必ずしも影響するとは言えないことが証明されているからです。

 

元々、日本人は雑穀を取り入れた食事が中心でした。そのため、世界的にみても糖尿病を発症しづらい状況にあったのです。

 

とはいえ、日本人はインスリンが分泌されるまでに時間がかかる体質であることから、食べ方に気をつけないと小腸で糖が大量に吸収されることになります。ようするに、食べても太れない体質である人ほどインスリンの分泌が悪く血糖が上がりやすいのです。

 

これは、体型や体重に関係なく起こることだといえます。そのため、食事の際は糖の吸収を緩やかにする、食物繊維などから口にすることが推奨されているのです。

 

痩せている人の中でも、早食いの傾向がある人は糖尿病を発症しやすく、血糖値が高くても痩せているから大丈夫だと自己判断してしまうと、症状を悪化させることにつながります。

 

最近は日本食ブームということもあり、食の質に注目が集まるようになりました。日本国内では、日本食よりも欧米化した食生活の方が主流となってきていますが、そのことがより糖尿病の発症率を高めているといえます。

 

肥満傾向にある人だけではなく、痩せ型であっても血糖値の値は定期的に把握し、必要であれば血糖値を下げる食生活や生活習慣を取り入れるようにしましょう。