MENU

血糖値の急上昇を避けるには

 

 

血糖値を下げるためには、ただ単に下げる方法だけを取り入れるのではなく、血糖値を急上昇させないようにすることも重要です。血糖値の急上昇を避けるためには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

 

食生活の内容を変えたり、ゆっくりとよく噛んで食べることも大切ですが、普段の食生活を大きく変えなくても、血糖値の急上昇を避けることは可能です。以下の2点に気をつけるようにしましょう。

 

1つは、血糖値の急上昇を避ける順番で食べることです。理想的なのは、野菜やキノコ類、海藻から食べ始めるようにし、次に肉や魚、その後にご飯や麺類、パンを食べます。

 

これは、炭水化物が多く含まれている食品を、最後の方に食べる方法であり、急激な血糖値の上昇を防ぐといわれているのです。

 

特に野菜やキノコ類、海藻には食物繊維が多く含まれているため、糖の消化や吸収を抑制してくれます。そのためこれらの食品でお腹を満たしてから、肉、魚、ご飯、麺類、パンを食べるようにすることで、緩やかに血糖値を上げることができるのです。

 

もう1つは、脂質をうまく組み合わせることです。糖質と脂質は、同時に摂取することで血糖値の急激な上昇を抑制するといわれています。

 

そのためパンを食べるときはバターやオリーブオイルと一緒に食べるようにしたり、麺類を食べるときは天ぷらなどの脂質と一緒に食べると良いのです。

 

カロリーに気をつけなければなりませんが、オリーブオイルであれば普段から持ち運びできますので、外食が多い人は鞄の中に忍ばせておくと良いでしょう。