MENU

血糖値下げるサプリはこれ!

当サイトは血糖値対策に働く成分を配合したサプリを紹介しています。現在、5人1人が「糖尿病予備軍」に該当するともされており、高めの血糖値が気になる方も年々増加傾向にあります。そのこともあってか、最近は「血糖値を下げる」作用のあるサプリも数々登場しています。

 

血糖値を下げる人気の成分として
  • イヌリン
  • ALA
  • 難消化性デキストリン(食物繊維)

 

などが挙げられ、特定保健用食品(トクホ)や機能性表示食品のサプリのラインナップも豊富です。当サイトは中でも人気の高い高めの血糖値対策の健康食品を厳選しランキングにまとめています。どうぞ参考にしてください。

 

 

金の菊芋の特徴

金の菊芋は、農薬不使用の安心品質の菊芋から抽出したイヌリン配合のサプリメントになります。菊芋は、糖質が少なく食物繊維のイヌリンが豊富に含まれており、糖対策に良い食材として注目されています。イヌリンの作用が凄いだけに、金の菊芋は内科医が監修したサプリなほど。発売以来、既に850万個を突破しています。当サイトより30日分980円の購入が可能です。

価格 980円
評価 評価5
備考 菊芋由来イヌリン

 

 

アラプラス 糖ダウンの特徴

アラプラス 糖ダウンは、高めの血糖値の低下に働くアミノ酸ALAを配合したサプリメントになります。ALAは、臨床試験より摂取した場合と摂取しなかった場合に大きな違いがみられました。ALA摂り続けたグループは、血糖値が下がったことが報告されています。また、ALAは、糖の吸収・分解だけじゃなく、エネルギー燃焼効果もあり、手軽な糖尿病対策が可能です。

価格 4900円
評価 評価4.5
備考 ALA:機能性表示食品

 

 

大正ヘルスマネージ 大麦若葉青汁の特徴

大正ヘルスマネージ 大麦若葉青汁は、名前の通り大麦若葉を使用した大正製薬が販売する青汁になります。血糖値の上昇をゆるやかにする難消化性デキストリンを含有しています。試験結果より120分後に基準値内の数値に改善がみられ、特定保健用食品に認定されています。当サイトより30日分が1000円とお得になった血糖値青汁です。

価格 1000円
評価 評価4
備考 難消化性デキストリン:トクホ

 

血糖値を下げる方法は何があるの?

 

 

血糖値が高くなると、糖尿病などあらゆる疾患の引き金となるため注意が必要です。今回は、血糖値を下げる方法について解説していくことにします。一般的には、食事療法、運動、サプリメントの導入、入浴方法の工夫、ツボ刺激などを取り入れる方法があるでしょう。

 

食事の見直し

 

これらの具体的な方法について、概要を取り上げていきます。食事療法は非常にメジャーな方法の1つです。摂取カロリーを半分にしたり、よく噛んで食べるようにします。また、和食は血糖値の急上昇を避けることができると言われていますので、食生活が欧米化している人には効果的でしょう。

 

有酸素運動

 

また、運動を取り入れる方法も、血糖値を下げるために有効です。食後1時間ほど時間を置き、ウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動を行います。

 

サプリの利用

 

サプリメントの導入も、血糖値を下げるために有効だといわれており、食物繊維、亜鉛、ビタミンB群、クロム、ポリフェノールなどが含まれた総合的なサプリメントを使用すると良いでしょう。

 

入浴の仕方

 

入浴方法の工夫はあまり知られていませんが、体温が上がるとインスリンの吸収率が高まることから、血糖値は下がるのですが、その下がり方が極端になりがちだといわれています。

 

そのため、緩やかに血糖値を下げたいのであれば、食後最大でも2時間程度時間をあけて、ぬるめのお湯に10分から15分程度浸かるようにすると良いでしょう。

 

ツボ押し

 

ツボ刺激についてですが、手の甲の親指の付け根にあるツボは、糖代謝を向上させて血糖値のバランスを整えることができるとされています。手軽に刺激を加えることができるツボですので、程良くマッサージすると良いでしょう。

 

確かな血糖値低下作用がある製品のみ!

血糖値下げるサプリランキングを見てみる!

 

血糖値を下げる食事の仕方

 

 

血糖値を下げる食事の方法は、書籍やネットで詳しく取り上げられています。しかし、多くは誤った情報であるため、血糖値を下げるつもりが逆に上げてしまっている可能性があるのです。

 

血糖値を下げる、正しい食事の仕方とはどのようなものなのでしょうか。特に気をつけたいことは、栄養バランスではなく、炭水化物を適切に取り入れた食事の仕方だといえます。血糖値を急上昇させる原因はいくつかありますが、ご飯や麺類に多く含まれている炭水化物の誤った摂取方法が、血糖値を上げてしまっているのです。

 

炭水化物は食してから15分程経過すると、一気に血糖値を挙げてしまうことが分かっています。そして、2時間程度でブドウ糖に変えられて体内に吸収されていきます。

 

摂取した炭水化物は、ほぼ100%ブドウ糖に変えられますので、カロリーや栄養バランスに気を使っていても、炭水化物の摂取量に気をつけないと、血糖値を上げてしまうことになるのです。では、炭水化物を摂取し過ぎないためには、どうしたらよいのでしょうか。

 

1つは良く噛んで食べるようにすることです。時間を掛けて咀嚼することによって、少量でも満腹感を感じることがでいるようになります。その結果、炭水化物の摂取量をおのずと抑えることができるのです。

 

それから、食べる順番を変えることも大切です。ご飯や麺類を口にする前に、煮もの、野菜、果物などを食べるようにします。ただし、蕎麦やライ麦パンなどであれば、炭水化物がそれほど含まれていませんので、そこまで気にする必要はないでしょう。

 

血糖値を下げる!有酸素運動と習慣づける方法

 

 

有酸素運動は、血糖値を下げるために有効な方法だといわれています。しかし、実際には三日坊主となってしまい、習慣づけることが難しいのではないでしょうか。今回は、有酸素運動を習慣づけるための3つの方法について解説していくことにします。

 

1つ目は、わざわざ有酸素運動のために時間を作らないことです。普段身体を動かす機会がない人は、運動の時間を設けようとするとたちまち面倒臭さを感じるようになります。

 

そのため、敢えて有酸素運動するための時間は作らないようにするのです。そのかわり、一駅先まで歩くようにしたり、階段を使うようにしましょう。

 

近年の研究結果から、継続的に20分から30分運動するのではなく、10分程度の有酸素運動でも、複数回に分けることによって一定の効果が得られることが分かりました。

 

そのため、わざわざ運動するための時間を設けなくても、十分すぎるほど有酸素運動を取り入れることはできるのです。

 

2つ目は、楽しめることと結びつけるようにすることです。ただ単に有酸素運動を取り入れようとしても、ついついさぼってしまいがちです。

 

しかし、何か楽しめることと結びつけることで、比較的簡単に習慣化させることができるようになるでしょう。
例えば、自分にご褒美を用意すると、比較的習慣化しやすくなります。

 

3つ目は、ちょっとした強制力を活用することです。特に仲間と一緒にジムへ通い始めるようにすると、外部からの強制力が働くため習慣化しやすくなります。つまるところ、楽しみながら取り組める方法を見つけることが大切なのです。

 

血糖値を下げるために飲み物を変える!

 

 

近年、健康ブームということもあり、トクホ商品などが飛ぶように売れています。血糖値を下げるというキャッチコピーで販売されている飲料も、その中の1つといえるでしょう。

 

血糖値を下げるというと、食事療法や運動、生活習慣の見直しばかりが注目を集めがちですが、飲み物を変えることも有効な方法とされています。具体的に、どのような飲み物へと変えれば良いのでしょうか。今回は、3つご紹介していくことにしましょう。

 

食物繊維を含む飲料

 

1つ目は、食物繊維が含まれている飲み物です。食物繊維には、糖が体内へ吸収されるスピードを緩和する働きがあります。そのため、食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれるのです。また、脂肪分の吸収も同時に緩和してくれるため、ダイエット中の人にも最適でしょう。

 

リコピンが多いトマト飲料

 

2つ目は、リコピンが含まれている飲み物です。トマトに多く含まれるリコピンは、抗酸化成分として知られています。しかし、リコピンは抗酸化作用が期待できるだけではなく、インスリンの活動も支えてくれるのです。そのため、糖尿病の予防のために活用することもできるでしょう。

 

ポリフェノールが多い飲料

 

最後の3つ目は、ポリフェノールが含まれている飲み物です。代表的なものとしては、緑茶が特に有名でしょう。ウーロン茶、ココア、紅茶なども適量であれば最適だといえます。

 

コーヒーにもポリフェノールは含まれていますが、血糖値を上げる作用もありますので、飲み過ぎには注意が必要です。飲料であれば、簡単に取り入れることができます。今一度、普段口にしている飲み物を見直すようにしましょう。

 

 

血糖値を下げるサプリも摂ろう!効果的な成分一覧

 

 

普段の食生活に気を配るといっても、一人暮らしであったり食生活が不規則である場合は、なかなか改善できないことがあります。そのようなときは、血糖値を下げるために活用できるサプリを取り入れると良いでしょう。効果的な成分の一覧をご紹介していくことにします。

 

イヌリン

 

天然のインスリンと呼ばれています。聞き慣れない成分ですが、菊芋と呼ばれるキク科の植物に多く含まれています。

 

イモ類であるにもかかわらず、血糖値を上昇させるでんぷんが含まれていません。残念ながら、スーパーで販売されているケースは少ないため、サプリから取り入れる方法が一番良いでしょう。

 

クロム

 

インスリンの働きをサポートしてくれる栄養素です。ミネラルの一種で、ひじき、ナッツ、玄米、牛肉、蕎麦などに多く含まれています。

 

サポニン

 

血糖値を下げるだけではなく、免疫力を向上させたり、肥満を予防するために活用することもできます。大豆、高麗人参、田七人参、桔梗などに多く含まれていますが、自ら調理して食すことが難しいため、サプリを活用するのが一般的です。

 

タウリン

 

血糖値を下げる他、コレステロール値の低下、高血圧予防、便秘改善などに活用されることもあります。
代表的な食品として、牡蠣、イカ、タコ、カツオ、ホタテなどが特に有名です。

 

亜鉛

 

亜鉛が不足すると、インスリンの分泌量が減少してしまいます。体内で亜鉛を生成することはできませんので、サプリなどで摂取するしかないのです。牡蠣、卵黄、レバー、牛肉、胡麻などに多く含まれています。

 

血糖値対策にサプリを始めよう!

 

現在の生活スタイルや食生活は昔に比べて欧米化になってきており糖尿病などを引き起こす血糖値は全体でみても高くなり、10人に1人は血糖値を下げる必要があるとされています。ジョギングやウォーキングなどの軽い有酸素運動で血中の糖分がエネルギーになり血糖値を下げる効果があります。無理のない程度で自分に合った運動を毎日続けられることが大切です。

 

運動と同時に食生活も改善する必要があります。炭水化物はたくさん摂ると血糖値が上がるので控えましょう。もちろんカロリーの高いものや脂質が多いものも避けましょう。血糖値を下げるのに効果的とされる食べ物はミネラルや食物繊維が多く含まれているものと言われています。特に玉ねぎ・バナナ・ゴボウ・きのこ類・こんにゃくなどに多く含まれており他にもオクラ・ナッツ類・ブロッコリー・にんにく・魚介類なども効果があります。トマトジュースやウーロン茶、コーヒーも血糖値を下げると言われています。

 

しかし不規則な生活や外食ばかりだったりするとどうしても栄養が偏ってしまいます。そんな時は血糖値を下げる効果があるサプリメントを摂取することをおすすめします。

 

確かな血糖値低下作用がある製品のみ!

血糖値下げるサプリランキングを見てみる!

更新履歴